【徹底比較】離婚弁護士6選!

HOME > 離婚弁護士について > インターネットで優秀な離婚弁護士を探す方法

インターネットで優秀な離婚弁護士を探す方法

離婚を検討している人にとって、少しでも有利に希望どおりに進められるように離婚弁護士に相談します。
離婚にはきちんとした理由がなければ成り立ちません。
当事者同士が納得し合意があれば理由の内容に関係なく離婚が成立します。
当事者同士では話合いが出来なかったり、納得出来ない場合は裁判所を通して強制的に離婚を進めてもらうしかありません。
法律で認められる離婚理由としては、不貞行為、悪意の遺棄、三年以上の生死不明、配偶者が重度の精神病にかかり回復の見込みがない場合、その他婚姻を継続する事が難しい重大な事由などが挙げられます。
不貞行為に関しては、証拠が必要となる場合がありますので、事前に探偵などを利用して証拠を掴んで離婚弁護士に相談するケースもあります。
子供がいる場合は、親権争うがポイントになる事があります。
優秀な離婚弁護士に依頼する事が重要ポイントになります。



離婚の際に離婚弁護士に相談するメリット

今や日本でも離婚率は著しく増加の傾向にあります。
原因は、性格の不一致から不倫、DVまで様々です。
そのため、円満に離婚への道を辿る方はごくわずかとなっています。
慰謝料や親権など両者が譲れない問題は山積みです。
そこで心強い味方となってくれるのが離婚弁護士です。
ここでは、離婚弁護士に相談するメリットをご案内いたします。
まずは、パートナーとの交渉を代理で行ってくれます。
ほとんどの方が、離婚する相手と直接話し合いをする場合、冷静な対応ができません。
一方で、弁護士は相手方との交渉や合意書の作成などの手続き一切を全て代行してくれます。
次に、離婚調停に同席することがメリットとして挙げられます。
家庭裁判所で離婚の話し合いをする離婚調停では、申立書の作成や提出、各種証拠や書類提出などの手間があります。
また、かなりの時間が割かれることも調停の特徴です。
裁判となった場合は離婚調停の内容が重視される傾向が強いため、離婚調停の準備や対応は非常に重要なポイントとなります。
そこで、弁護士に依頼すれば裁判になった場合も予想して文書を作成したり、主張を展開してくれます。
また、出廷が出来ない場合の代理も任せることができます。
自分一人で離婚を進めるよりも効率的に進めることができると共に、有利な結果で解決できる可能性が高くなることでしょう。



離婚弁護士に依頼をして後悔のない離婚をする

離婚を考えた時、まずはじめに行うのは裁判ではなく離婚調停です。
調停を済ませないと離婚は裁判で争う事が出来ない案件となっています。
離婚調停には離婚弁護士に依頼をして同席してもらっても、自分一人で行っても大丈夫です。
調停で話し合いがまとまらない、つまり調停不成立になってしまった時には離婚裁判を起こす事が出来ます。
裁判も弁護士を立てないで一人で行く事も可能ですが、やはり法的な事に詳しい弁護士に依頼をする方が成功率が高くなります。
そんな時には是非離婚弁護士を活用して、後悔のない離婚を出来るようにしましょう。
インターネットで検索しても沢山の離婚問題を扱ってきた弁護士事務所がヒットしますので、その中から費用や事務所への行きやすさなどを参考にしてまずは無料相談から開始します。
そして相談が終わったら弁護士に着手金を支払い、裁判をします。
裁判が希望通りの結果になれば弁護士に成功報酬を支払って終了という流れになります。

カテゴリー

PAGE TOP